ラブジュースが溢れすぎな風俗嬢。

先日使った子の話をします。僕が使った風俗嬢は、とにかく興奮しやすい子で、歩く媚薬って感じの子でした。なぜ、そこまで彼女がエロいのかはわかりませんが、僕が乳首を少し刺激しただけで、ダラダラとラブジュースを垂らしているのです。直立不動の彼女の股から、ダラダラと愛液が滴っているのを見るのは、めちゃくちゃ興奮しましたよ。その子にベッドに押し倒されて、ビチャビチャなアソコで素股してもらいました。ラブジュースがとんでもなく出ているから、ローションなしで素股してくれました。天然のローションがねっちょねっちょという音を奏でていて、めちゃくちゃ興奮しましたね。彼女みたいな子がいてくれて、僕自身本当に楽しかったです。次プレイした時は、クンニとかもさせてもらいたいなぁと思います。あんなに愛液が溢れる子にクンニしたら、きっと凄いことになりますよ。次が待ちきれそうにないので、近いうちに使わせてもらいたいです。いやぁ、最高の風俗嬢だったし、最高の風俗体験だった!

オナクラで興奮し過ぎた風俗体験。

僕は女の子の冷たい目が好きです。「こいつ何やってんだ」っていう冷徹な目が好きなのです。それを楽しめるのがオナクラなんですよね。自分の自慰行為を持てもらう店ですが、女の子が引いたような目で見てくるのです。その冷ややかな目線は、僕の興奮度をより一層高めてくれるのです。使った子は、とてもキュートな風俗嬢だったのですが、明らかに引いてました。まさに完璧な風俗嬢でしたよ。「もっと睨みつけて」と僕が言うと、彼女はさらに引いてました。「この変態、何言ってるんだろう」って感じの目で見られて、僕はそのままシコシコしてました。発射する時は、彼女がちょっとビクっとなっていて、その後さらに冷たい視線が突き刺さる・・・。僕は冷や汗やら快感の汗やらをたくさんかいて、とても気持ち良い時間を過ごさせてもらいました。こんなに楽しい時間を過ごせたのは、おそらく初めてです。オナクラ風俗ってこんなに良いものだったんですね。いや前から知ってたけど、再確認しました。